3Mトゥルーデフィニッション
スキャナーを導入

3Mトゥルーデフィニッションスキャナーを導入

名古屋駅(名駅)から徒歩1分の女性の方向け矯正歯科医院「名古屋ステーション歯科・矯正歯科」では、口腔内スキャンの設備として、精度・スピード共に優れた3M社製「トゥルーデフィニッションスキャナー」(2017秋に導入された最新機材)を導入しております。より早く、快適に口腔内スキャンが行えるため、患者さまのご負担軽減につながります。

3Mトゥルーデフィニッションスキャナーを導入

当院では、表側矯正裏側矯正マウスピース矯正 など一般的な矯正治療はもちろんのこと、LEDによる光学印象を採り入れたデジタル矯正治療やセラミック治療など東京、大阪、博多などの大都市でしか受けられないようなワンランク上の治療をご提供しています。少しでも楽に治療を受けたい、新しい治療に興味があるという方は、ぜひ一度ご相談ください。

また、女性の患者さまが通いやすい医院づくりやホスピタリティーの充実に努めています。診療室を完全個室にしたのもそのためです。リラックスして治療をお受けいただけます。同機器を導入したのもそのひとつです。これからも「来てよかった」とご満足いただけるよう、患者さま目線で診療に取り組みます。

不快感の少ない口腔内スキャン

不快感の少ない口腔内スキャン

これまで、裏側矯正の製作やセラミックの詰め物には、患者さまの歯型採取のためシリコン製の印象剤(ドロッとした粘土のようなもの)が使われてきました。固まる前の柔らかい材料を患者さまのお口の中に入れ、数分間待機。これを上下両方の歯で行い、咬み合わせを確認します。実時間として30分程度。時間がかかるのに加え、口腔内に異物を入れることで嘔吐反射を経験される患者さまも少なくありませんでした。
お口を開けずらい方も短時間の型どりなのでご安心ください!

3Mトゥルーデフィニッションスキャナーの場合には、この作業は短時間で終わります。しかも、厚さ1.4cmのペン型カメラを口腔内に入れるのみなので違和感も少なく、患者さまの喉元まで型どりの材料が入ってくることもありません。
お口を開けずらい方も短時間の型どりなのでご安心ください!
タッチスクリーンによる操作性、ワイヤレスネットワークでのデータ通信も相まって、よりスピーディーで不快感のない口腔内スキャンが実現しました。
デジタル化されている誤差の少ない高精度印象の為、従来の材料より、より鮮明にお口の中の状態の型どりを可能にします。

口腔内スキャンから
補綴(ほてつ)物制作までの流れ
  • Step1

    患者さまの口腔内にスキャナーを挿入し動画を撮影

  • Step2

    撮影動画を基に、コンピューターで3Dモデリングを実施し、データを保存

  • Step3

    作成したデータを歯科技工所へと送り、歯科技工士が補綴(ほてつ)物を設計

  • Step4

    歯科技工所のミリングマシーンが補綴(ほてつ)物を制作

口腔内スキャンから補綴(ほてつ)物制作までの流れ

※矯正器具、セラミックともに同じ工程となります。