虫歯の進行&女性の患者様向けの矯正治療中の歯ブラシ

虫歯の進行&女性の患者様向けの矯正治療中の歯ブラシ

虫歯の進行度

虫歯は進行度により症状や治療内容も異なってきます。矯正治療を行う上で虫歯の状態や症状を知っていただき、患者様の虫歯の早期発見並びに予防に繋がる可能性が高くなります。

虫歯症状の進行としまして、

CO➡白濁(歯が白っぽく濁っている感じ)要観察歯

この状態だとまだ削る治療はせずに、丁寧な歯磨き・洗口で虫歯の進行を食い止めることができます。

C1➡エナメル質(歯の表面)まででとどまっている初期の虫歯

自覚症状はなく部分的に詰め物が必要になることがあります。多くの患者様は、1日で終わる治療(詰め物)になります。

C2➡象牙質(歯の内部)まで達した虫歯。

冷たいものがしみるようになります。

自覚症状が出始めて、症状によっては部分的な被せ物(インレー)が必要になります。

治療回数が約2回ほどかかってきます。

C3➡歯髄(歯の神経)まで達成した虫歯。暖かい物や熱いものもしみるようになり、ズキズキお痛みが強くなります。

自覚症状が強く出始め、多くの場合に神経の処置が必要になり、治療回数が数回かかり全体的な被せ物が入ります。

C4➡歯髄(歯の神経)が死んでしまい、歯の根元に膿が溜まってしまいます。場合によっては、支えていた冠がなくなり歯の根っこだけが残ります。

神経の処置で改善する場合もあれば、治療が難しくなり、歯を抜く可能性もあります。

 

虫歯ができやすい人の特徴

虫歯の原因は細菌によるものです。虫歯ができやすい人の多くは歯磨きで汚れをしっかり落とし切れていないことがほとんどです。

・歯磨きの時間がすごく短く、汚れがきれいに取りきれていない場合

・歯のがたつきが強く歯ブラシがうまく当たらない方

矯正装置を付けている方

・間食やジュースを多く飲まれる方

・遺伝的にできやすい方もみえます。

様々な原因が挙げられますが、矯正装置をつけている方はより歯ブラシを頑張っていただく必要があります。

 

当院のご対応

当院の患者様は様々な矯正装置を付けている患者様が多く、装置によっても虫歯のリスクは変動いたします。

表側矯正の患者様

⇒装置の周りを特に注意して機械的に磨き残しを取り除いて頂きます。

裏側矯正

⇒見えない装置周辺は、小さな清掃器具やフロスで磨き残しを取り除いて頂きます。

マウスピース型矯正装置

⇒間食などされても必ずしっかりと磨き残しを取り除いてから器具を装着して頂きます。

 

上記のどの矯正器具でも虫歯のリスクは高くなってしまいます。もちろん、月に一度の調整の際には歯科衛生士がお口の中のお掃除をさせていただいております。歯科衛生士の全員が矯正治療経験者なので、磨き残しが多い矯正加療中の患者様には歯磨き・フロスのアドバイスなども行っております。しかし、頑張って歯ブラシをしていただいたとしても、元々存在していた虫歯は、治療前や治療中に治療する必要があります。また、当院では、お口の小さな女性の患者様でも、より効率的にご使用いただけるように、コンパクトな形状をしているブラシでかつ、矯正器具がついていても隅々まで磨いていただける“ピセラP20®(株)GC”を推奨いたしております。もちろん歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやタフトブラシ(主に矯正患者様用)を併用していただく事により、より虫歯のリスクを減らしていきます。歯ブラシの仕方や器具の種類などご不明な点は、スタッフにお気軽に声をおかけください。

 

名古屋ステーション⻭科・矯正⻭科について

名古屋駅(名駅)より徒歩 1 分。好アクセスのため、愛知県、三重県や岐阜県などの東海地方の患者様にもご来院頂いております。

住所:〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目6-23 第三堀内ビル13階

TEL:0120-946-818

Email:nagoyasta.dc@gmail.com

WEB:https:/www.nagoya-station-orthodontic.com

InstagramもUpしております。是⾮followの応援、お願いいたします !

 https://www.instagram.com/nagoyasta.ortho/?hl=ja

戻る