インビザライン(マウスピース型矯正装置)について。

インビザライン(マウスピース型矯正装置)について。

当院では多くの女性の患者様にご来院いただいておりますが、矯正装置の種類におきましてお悩みの患者様がたくさんおみえになります。本日は矯正装置の種類の一つ、インビザラインについて名古屋ステーション歯科・矯正歯科、歯科衛生士;越阪部がお伝えしていきます。

インビザラインの治療の流れ

患者様ごとに、オーダーメイド製のマウスピースを作製いたします。10日~2週間ごとに交換するマウスピースをご自身ではめて頂き、矯正の力を強めていきます。歯を動かすために必要なアタッチメント(歯の表面に小さな突起の様なもの)を歯につけていきます。もちろん矯正後はアタッチメントを外しますのでご安心してください。ご来院頂く調整のタイミングといたしましては、約1~2か月(患者様のご症状・マウスピースご使用状況によりご変動いたします。)に一度ご来院して頂き、歯の動き具合のチェック、クリーニングなどの確認をご来院の度に診せて頂いております。

 

ご使用方法

マウスピースによって、歯を動かしていくので長時間の装着が必要になってきます。装着時間の目安は最低20時間装着して頂き、飲食や歯磨き時以外は常に装着した状態となります。月日とともに、新しいマウスピースに変えていきますが、お口の中の状態により異なりますが、治療期間は約1~3年くらいです。(※抜歯を伴う治療の際は長くなる可能性が高くなります。)マウスピース矯正は取り外しが可能なのでお食事の時や歯磨き時にも違和感が少なく過ごせていただけます。と、同時に他の矯正装置に比べて歯磨き時にデンタルフロスなどの補助用具も使いやすくなっております。しかし、デメリットもあります。装着時間を怠ると使用するマウスピースがはまりにくくなるだけでなく、治療期間も延長する可能性もございます。したがって、患者様のご協力主体での矯正器具であるといわれております。

 

当院でのご対応

治療を進める上で、マウスピース単体だけでは加療困難な症例も少なくはありません。その際は、治療期間の短縮も図るため、一時的に表側矯正装置などをご使用させて頂き、マウスピースでの治療させていただける範囲を広げさせていただいております。また、マウスピース治療にて開始された患者様で、治療途中にご転居・ご留学のご予定などが発生してしまった場合には、同じく表側矯正や裏側矯正にご変更していただけるサポートも行っております。今後とも多くの女性の患者様にご通院していただけるクリニック環境作りに努めてまいります。ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

 

名古屋ステーション⻭科・矯正⻭科について

名古屋駅(名駅)より徒歩 1 分ですので、好アクセスのため、愛知県、三重県や岐阜県などの東海地方の患者様にもご来院頂いております。

住所:〒450-0002
名古屋市中村区名駅4-6-23 第3堀内ビル13階

TEL:0120-946-818

Email:nagoyasta.dc@gmail.com

WEB:https:/www.nagoya-station-orthodontic.com

InstagramもUpしております。是⾮followの応援、お願いいたします !

 https://www.instagram.com/nagoyasta.ortho/?hl=ja

戻る